脱毛のレーザーって?

脱毛のレーザーって?

レーザーを使った施術の体に与える影響はどの程度のものなのでしょう。一般的にレーザー施術は妊娠している人はやらない方が良いと言われていますが、妊娠していない人でもやっぱり不安はありますよね。ちなみにレーザー施術に使われるレーザーは赤外線によるレーザーなんです。

 

赤外線はストーブなどにも使われていることからも分る通り、体に害はありません。体に害があるのはむしろ赤外線の方でしょうね。レーザーで毛根の根元を破壊するというと、何か強力なものが肌に照射されているような気になりますが、レーザーで肌の表面の毛根を破壊するだけで、肌の奥への影響はほぼないと考えていいのです。

 

じゃあ何故、レーザー施術は妊娠している人はやらない方がいいと言われているのでしょう。それは肌の表面が傷つく恐れがあるためです。妊娠した状態でレーザー施術を受けても体の内部には何ら害はありません。

 

ただレーザーの出力を調整してやっているとは言っても、毛根箇所以外にもダメージが出る恐れがあり、妊娠している人には念には念を入れてやらないでもらっているという感じなんですね。ちなみに健康体の人なら多少のダメージがあっても後でちゃんとケアしておけば健康に影響は出ません。

 

とはいえやっぱり健康への影響が気になって怖いという方もいるでしょうから、そういう方はケアが行き届いている医療機関かもしくは医療機関と提携しているエステなどで施術してもらうといいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ